ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

ウォルトンのVn協奏曲



ウォルトンのVn協奏曲の録音は多くない。ハイフェッツ、メニューヒン、ヘンデル、チョン・キョンファ、といった奏者の録音を持っているが、フランチェスカッティとオーマンディの録音も忘れがたい。例によって絶妙の美音で流麗に処理している。曲は20世紀のVn協奏曲の名作だ。シベリウスの名作に匹敵する作品だと思う。

このCDはコステラネッツの指揮する管弦楽曲と抱き合わせだ。録音のせいもあるのだろうが、金ピカのアメリカン・サウンドである。

1. Johannesburg Festival Overture by Sir William Walton
Conductor: André Kostelanetz
Orchestra/Ensemble: New York Philharmonic
Period: 20th Century
Written: 1956; England

2. Concerto for Violin in B minor by Sir William Walton
Performer: Zino Francescatti (Violin)
Conductor: Eugene Ormandy
Orchestra/Ensemble: Philadelphia Orchestra
Period: 20th Century
Written: 1938-1939; England


3. Façade: Suite no 1 by Sir William Walton
Conductor: André Kostelanetz
Orchestra/Ensemble: New York Philharmonic
Period: 20th Century
Written: by 1926; England

4. Capriccio burlesco by Sir William Walton
Conductor: André Kostelanetz
Orchestra/Ensemble: André Kostelanetz Orchestra
Period: 20th Century
Written: 1968; England

オーケストラ再生のオーディオ ←このブログの関連サイトです
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2007-12-15 07:35 | クラシック音楽CD | Comments(0)