ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

シェルヘンの英雄・田園(ウェストミンスター/DGG盤)



ルガノ響を振ったベートーヴェンの交響曲全集は評価が高いが、こちらはウィーン国立歌劇場管弦楽団のほうである。それほどの完成度はなく、せかせかと速い。と言っても、爆走指揮者シェルヘンの面目躍如、田園なんかわずか36分しかない。この爆走はピリオド的な演奏になり、バッハなんかには合うのだが、ベートーヴェンはイマイチである。B級演奏だが、面白いと言えば面白い。後年のルガノ響のライブの萌芽は感じる。それに、両方とも58年のステレオ録音なのである。

オーケストラ再生のオーディオ ←このブログの関連サイトです
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2007-06-01 07:08 | クラシック音楽CD | Comments(0)