人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

古いEMI録音



手持ちの「グレート・コンダクター」のシリーズでニコライ・マルコのコンピレーションに先日行ったコンサートの曲目が2曲とも含まれているのがわかった。

CD1 (78.58)
グリンカ:ルスランとリュドミラ序曲/フィルハーモニア管弦楽団 (5分25秒) (録音: キングズウェイ・ホール 17/2/56) (P1957 EMI)
ボロディン:交響曲第2番/フィルハーモニア管弦楽団 (28分18秒) (録音: キングズウェイ・ホール 23/9/55) (P1956 EMI)
R=コルサコフ:雪娘~葬列と軽業師の踊り/フィルハーモニア管弦楽団 (5分24秒) (録音: キングズウェイ・ホール 1/3/56) (P1957 EMI)
チャイコフスキー:くるみ割り人形組曲/フィルハーモニア管弦楽団 (9分14秒) (録音: キングズウェイ・ホール 9 &11/2/56) (P1956 EMI)
プロコフィエフ:交響曲第7番《青春》/フィルハーモニア管弦楽団 (29分52秒) (録音: キングズウェイ・ホール 4 & 7/2/55) (P1955 EMI)

いずれもモノ末期・ステレオ初期の録音だが、驚くほど音はいい。限られたレンジのなかで曲想を的確に録音しており、最近の録音より好感が持てるほどだ。

古いEMI録音はうまくリマスターするとまったく侮れない。

オーケストラ再生のオーディオ ←このブログの関連サイトです。
Commented by kawazukiyoshi at 2007-02-15 11:31
オーケストラって面白いですねー。
なかなかコンピューターで作るのも大変なんですがね。
又寄ります。
Commented by yoshisugimoto at 2007-02-18 14:01
御意。オーケストラは本当に面白いです。
名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2007-02-15 06:05 | クラシック音楽CD | Comments(2)