人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

アラビアのロレンス(サウンドトラック)

映画を見終わった後でサントラ盤を入手して音楽を聴きたい、ということは普通はまずない。しかし、「アラビアのロレンス」は例外。音楽がよくできている。サントラは初期ステレオで、この時期のサントラ特有の歪感はある。この歪感も大切だ。再生すればシーンが思い浮かぶのである。単にミュージック・スコアを現代録音で音にした音源を聴いてもつまらない。サントラでないと絶対ダメなのだ。サントラ盤もモーリス・ジャールのほかの曲がはいったものも出ているが、これも最初LPで出た曲だけが聴ければそれでいい。サントラLPは全曲合計で33分ほどと短い(下)。

「アラビアのロレンス」の音楽を最上の映画音楽と考える人は世界的にも数多い。人気投票をやっても必ず上位に来る(下)。

アラビアのロレンス(サウンドトラック)_b0109511_18343068.jpgアラビアのロレンス(サウンドトラック)_b0109511_12212339.jpg
Track listing
Side 1
1."Overture (Intro: "The Voice Of The Guns")" 4:14
2."Main Title" 1:54
3."Miracle" 3:08
4."Nefud Mirage" 2:20
5."Rescue Of Gasim And Bringing Gasim Into Camp" 5:46
Side 2
1."Arrival At Auda's Camp" 2:01
2."The Voice Of The Guns" 1:58
3."Continuation Of The Miracle" 2:13
4."Suns Anvil"3:04
5."Lawrence & Body Guard" 2:04
6."That Is The Desert" 2:51
7."End Title" 1:05
Total length: 33:21

アメリカン・フィルム・インスティテュート(AFI)が映画史上に残るサウンドトラック・ベスト25を発表した。250曲の候補の中から、映画関係者やミュージシャン、歴史学者など500名余りの有識者の投票によって第1位に輝いたのは、ジョン・ウイリアムズが作曲した77年の「スター・ウォーズ」。ジョン・ウィリアムズは他にも、6位に「ジョーズ」、14位に「E.T.」がランクインし、最多受賞を獲得している。トップ10は以下の通り。(2005年9月27日)

1.「スター・ウォーズ」(77) ジョン・ウィリアムズ
2.「風と共に去りぬ」(39) マックス・スタイナー
3.「アラビアのロレンス」(62) モーリス・ジャール
4.「サイコ」(60) バーナード・ハーマン
5.「ゴッドファーザー」(72) ニーノ・ロータ
6.「JAWS/ジョーズ」(75) ジョン・ウィリアムズ
7.「ローラ殺人事件」(44) ビッド・ラクシン
8.「荒野の七人」(60) エルマー・バーンスタイン
9.「チャイナタウン」(74) ジェリー・ゴールドスミス
10.「真昼の決闘」(52) ディミトリ・ティオムキン


名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2023-11-25 12:43 | クラシック音楽CD | Comments(0)