人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

半世紀前のプレヴィン

半世紀前のプレヴィン_b0109511_15591798.jpg半世紀前のプレヴィン_b0109511_15591294.jpg当方がクラシック音楽を聴き始めた半世紀前、雑誌の広告を賑わせていた音源。当時、プレヴィンはマッシュルームカットの若手指揮者だった。カラヤンやバーンスタインを差し置いて入手する理由は、当然ながら入門者には見当たらなかった。

長らく廃盤だったが、10年ほど前にタワーレコードで再発、今また廃盤となっている。中古盤を探し出して入手した。なぜか今また気になり始めたのだ。還暦を過ぎると、想いは若いころに回帰することも多い。

ベートーヴェンの5交や7交を今更入手して何になるのかという思いは当然あったが、いい意味で期待を裏切られた。ゆったりしたテンポで繰り返しを入れて、5・7番で80分に達する。個人的には理想とも言える演奏だ。トスカニーニやフルトヴェングラーといった音源とは一線を画する。ピリオド演奏といった才気走った感じはまるでなく、沈着穏健である。

どちらかと言えばクレンペラーに近いが、もちろんプレヴィンはクレンペラーではない。曰く言い難いが、クレンペラーよりは録音もよく上位に置きたい。アナログ爛熟期の70年代の魅力を伝える音源である。

ベートーヴェン
交響曲第5番 ハ短調 作品67 《運命》
交響曲第7番 イ長調 作品92

【演奏】
アンドレ・プレヴィン(指揮)
ロンドン交響楽団

【録音】
1973年1月10-11日&11月26日(1-4)
1973年12月19日&1974年1月17日(5-8)

名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2023-05-25 16:18 | クラシック音楽CD | Comments(0)