人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

スティリー風タランテラ(ラヴェル編)マルティノン

スティリー風タランテラ(ラヴェル編)マルティノン_b0109511_09290705.jpg

ドビュッシー初期のピアノ作品の一つ。最初の出版時には<スティリー風タランテラ>と題されたが、再版時には<ダンス>とされた。高度な技巧は要求されないが、後のドビュッシーの作品に応用されるような魅惑的な和音、旋法的な工夫もところどころ入れられている。後年、ラヴェルによってオーケストラ編曲がされた。(以上Wikipedia)
以上の経緯のある小品で、聴く曲というよりはピアノ学習者が弾く曲で、ググったら演奏するスタンスの記事がわんさか出て来る。しかし、ラヴェルが編曲したこともあって実は管弦楽として聴いても面白い曲なのだ。明るい曲想が初夏にピッタリだし、気分転換にピッタリでもある。ちなみに曲名のスティリーと言うのはオーストリアのシュタイヤーマルク地方のフランス語ということだ。グラーツなんかがある風光明媚な土地で、そこの舞曲という意味と思われる。

ラヴェルの編曲なので、全集に必ず入っているとは限らない。マルティノンの全集には収録されている。この愛すべき小品が鑑賞側で話題になったことがないのを常々残念に思っている。

スティリー風タランテラ(ラヴェル編)マルティノン_b0109511_09523543.jpgスティリー風タランテラ(ラヴェル編)マルティノン_b0109511_09523852.jpg

名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2023-04-21 09:30 | クラシック音楽CD | Comments(0)