人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

世はe-ラーニング時代―世界史200講義受講完了

世はe-ラーニング時代―世界史200講義受講完了_b0109511_00110870.jpg

当方は聴覚人間で、音として聴いたことは記憶に定着しやすい。読んだだけではなかなか覚えられない。とくに歳をとってからは読んだだけではそうそう覚えられない。一方で、大昔の高校時代に授業で聴いた内容は還暦を過ぎた今でも脈絡なく覚えている。

これに目をつけて、世界史の学び直しをすることにした。現代史以前はあらかた忘れてしまっているが、大学は世界史選択で受験、二浪もしただけあって、史実の固有名詞だけはその大半が「聞いたことがある」という状態なのだ。これは今の自分が持っている資産といっていい。つまり、今ある記憶を体系的に整理して活性化できれば、世界史は簡単に学び直しできるということなのである。

世はe-ラーニング時代。当方の若いころは受験参考書を読むぐらいしか手がなかったが、今はインターネット動画がもうぞっとするくらい数多くアップされている。しかも全くただで視聴できる。手始めに大学受験講座の世界史200講義を受講してみた。講師は現役公立高校教諭の山崎圭一という方だ。この人も今はやりのYoutuberということになる。時間はかかったが、今日で20話200講義の受講を完了した。


もちろん、この人以外にもいろいろな講義動画が視聴できる。「家庭教師のトライ」の企画で、若手の代々木ゼミナール講師の新里将平という方の動画もある。こちらは非常に洗練されているが、動画数が372本と多いのでたいへんだ。併せて視聴している。
そのほかワンポイントの解説動画ならもう無数にあると言っていいだろう。こんな感じである。

世はe-ラーニング時代―世界史200講義受講完了_b0109511_12132323.png

当然ながら、一度受講しただけで記憶が定着するほど甘くはないが、動画受講を今後とも粘り強く何年も続けていくことで一端の歴史家になれるかもしれない希望も湧いてきた。これは老後のボケ防止に最適だと思う。世界史は実際にあった人類の営みであり興味は尽きない。

もちろん、講義はオーディオ装置で鳴らしていることも付け加えておく。モノラル音源だが、フルレンジなので教室の臨場感も十分。受講の合間のブレークには音楽を聴いているのは言うまでもない。

名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2023-02-24 00:15 | その他 | Comments(0)