人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

『ブルースの真実』の続編

『ブルースの真実』の続編_b0109511_14441403.jpg『ブルースの真実』の続編_b0109511_14470245.jpg
オリバー・ネルソンの「ブルースの真実」(右)は一大傑作だが、続編もある。それが"More Blues And The Abstract Truth"(左)だ。ジャケットも似ている。しかし、内容は前作ほどではない。前作は、ドルフィー・エヴァンスをはじめどう見ても最強の布陣の超A級アルバムだが、続編は結構地味なB級アルバムだ。それでも同工異曲で共通点はある。予想外にペッパー・アダムスのバリサクが大活躍、これがアルバムの屋台骨となっている。

『ブルースの真実』の続編_b0109511_06285016.jpg

ネルソンは後年、EWにも似たような"Stolen Moments"というアルバムを入れている。こちらも買ったがイマイチで、結局「ブルースの真実」が生涯の最高作のようだ。

All compositions by Oliver Nelson except as noted

"Blues and the Abstract Truth" - 5:14
"Blues O'Mighty" (Hodges) - 6:48
"Theme from Mr. Broadway" (Brubeck) - 5:45
"Midnight Blue" (Neal Hefti) - 4:06
"The Critic's Choice" - 2:21
"One for Bob" - 6:07
"Blues for Mr. Broadway" (Brubeck) - 8:12
"Goin' to Chicago Blues" (Count Basie, Jimmy Rushing) - 4:37
"One for Phil" - 3:58 Bonus track on CD reissue
"Night Lights" (Arnold Shaw) - 2:46 Bonus track on CD reissue
Recorded on November 10, 1964 (tracks 4 & 6–9), and November 11, 1964 (tracks 1–3, 5 & 10).

Personnel
Oliver Nelson - arranger, conductor
Thad Jones, Danny Moore (tracks 1 & 5) - trumpet
Phil Woods - alto saxophone
Ben Webster - tenor saxophone (tracks 4 & 7)
Phil Bodner - tenor saxophone, English horn
Pepper Adams - baritone saxophone
Roger Kellaway - piano
Richard Davis – bass
Grady Tate – drums



名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2022-10-28 15:08 | ジャズ | Comments(0)