人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

宇野功芳の演奏

当方の世代はFM誌で長岡鉄男を読んで育った。一方音楽評論ではFM誌で宇野功芳の記事を読んできたものである。功罪で言えば、長岡鉄男に負の部分は見当たらない。しかし、宇野功芳には負の部分もある。クナッパーツブッシュやシューリヒトを紹介して定着させたのは顕著な功の部分だと思う。一方では鄭京和をやたら持ち上げたり、小澤征爾をやたら貶したり、この人なりのポジショントークでよけいな印象操作、悪く言えば洗脳行為があったように思う。宇野功芳のシンパは小澤征爾を貶すのが当然と思っているところがあるが、当方に言わせればよけいなお世話である。

宇野功芳の残した演奏もまさに功罪相半ばする。部分的には「そうそう」と評価できる表現はある。しかし、「何じゃこりゃ」と呆気にとられる表現も頻出する。後生大事に聴いている人はごく少数だと思われる。下の2枚は以前、店頭のワゴンセールで投げ売りされていたので入手したもの。どの演奏も終わると歓声が聴こえる。大方熱心なシンパなのだろう。悪く言えば学芸会だ。とくにアンサンブルSakuraの録音では、チューニングから演奏前の拍手、演奏後の拍手まで別々のトラックに入っていて閉口させられる。学芸会のチューニングや拍手にまで付き合わされてはたまらない。一応リッピングしてPCに落としたが、煩わしいのでチューニング・拍手はすべて削除した。

とはいうものの、部分的にはいい箇所もあるので、全否定はしないし、落穂拾いで後回しになったが、リッピングもする。録音も良好。しかし、部分的にいい箇所もある程度の演奏では話にならない。「スーパードライのよう」と言ってけなした小澤征爾の演奏よりいいとは全く思えない。功罪相半ばするというのはそういうことである。

宇野功芳の演奏_b0109511_23273826.jpg宇野功芳の演奏_b0109511_23274400.jpg

名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2022-10-17 23:31 | クラシック音楽CD | Comments(0)