人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

ワルターのウィーン・フェアウェル・コンサート

ワルターのウィーン・フェアウェル・コンサート_b0109511_23091329.jpg

マーラー生誕百年記念の1960年、ウィーンで祝賀コンサートが開催され、ブルーノ・ワルターが招かれて里帰りしている。結果としてワルターのウィーンでの最後の演奏会となった。この公演は録音が遺っていて、何度か再発されている。昔出ていたAADのワルター協会盤(下右)が中古で安く買えたので入手した。

ワルターの指揮するマーラーの4交は1945年のハルバン盤がセッション録音で一番古く、他にライブ録音が何種類もある。1945年であの音質だから、1960年のシュヴァルツコップ盤ならきっと素晴らしいに違いないと思ったのだが、1960年の録音としては明らかに水準以下で期待外れだった。同年のNHKの立体音楽堂なんかは素晴らしい録音なのに、そのレベルには全然達していないということ。ムジークフェラインの響きが感じられない。むしろ1945年のハルバン盤のほうが良く聴こえる。しまった、最新リマスターのALTUS盤(下左)を買うべきだったか、と思ったのだが、レビューを読んでみると、五十歩百歩で大差はないようだ。もともとパッとしない録音らしい。実演はたいへん感動的だったと思われる。

ただし、4楽章のシュヴァルツコップの歌唱は冒頭歌い出しで声があまりうまく出ていない。生前、シュヴァルツコップは録音の正規発売を許可しなかったらしいが、うなずける(海賊盤は出ていた)。翌年のクレンペラー指揮のセッション録音(EMI正規盤)では素人の小生でも記憶に残る名唱が聴ける。

【収録情報】
Disc1
● シューベルト:交響曲第8番ロ短調 D.759『未完成』

Disc2
● マーラー:子供の魔法の角笛~第9番『トランペットが美しく鳴り響くところ』
● マーラー:リュッケルト歌曲集より~第4番『私は仄かな香りを吸い込んだ』
● マーラー:交響曲第4番ト長調

エリーザベト・シュヴァルツコップ (ソプラノ)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ブルーノ・ワルター(指揮)

録音時期:1960年5月29日
録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
録音方式:モノラル(ライヴ)

ワルターのウィーン・フェアウェル・コンサート_b0109511_22262086.jpgワルターのウィーン・フェアウェル・コンサート_b0109511_22262317.jpg

名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2022-08-29 23:12 | クラシック音楽CD | Comments(0)