人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

KIT-HITのHIT-STFを導入

KIT-HITのHIT-STFを導入_b0109511_06531261.jpg

非可聴領域のスーパー・ツィーターはTAKETのBATONEを15年に渡り使ってきた。他社にもいろいろ高級機があるのは知っていたが、使っているスピーカーがローコスト機の当方としては、分不相応だと思って来たわけだ。BATONEも十分効果があるが、15年も経てばさすがに陳腐化していると思われる。

KIT-HIT商品は使っているのを聴いたことがあるのだが、某所では全体のグレードが高過ぎ、また某所では全体のグレードが低過ぎ、効果がよくわからなかった。何よりも売価十何万というのが、ネックだった。ところが過日ヤフオクでペア8万で出品されているのを見つけた。早速入札したみたが競合は現れず、無事開始価格で落札できた。しかし、非可聴領域のスーパー・ツィーターは耳を近づけても鳴っていることすらわからない。果して効果あるのか半信半疑で繋いでみた。

一聴、違うと分かったが、いろいろなソースを聴き込んでいくうちに、これは凄い、いやこれはズルい。だれでもこれを繋ぐだけでここまで音質アップができるのかと驚いた次第。恐らく周波数特性が100kHzまで伸びたことで、高域はもちろん、低域においても急峻な立ち上がりが正確に再現された結果のようだ。早い立ち上がりにより音を忠実に再現することができることができるので、より自然な音でしかも一つ一つの楽器の音がメリハリと力強さを合わせ持ち、臨場感溢れる音楽を楽しむことができるのだろう。これは古い録音でも変わらず、録音の新旧は一切気にならなくなる。

KIT-HITは九州工業大学発のベンチャー企業で、オリジナル技術に基づくスーパーツイーターを開発しているとのこと。HIT-STFは、上位モデルと共通の発音体フィルム素材を使用した半円筒形ダイアフラムを搭載し、最もコンパクトなエントリーモデルになる。「ダイヤフラムを従来機の円筒形から半円筒形にしてコストダウンが図れた」とのことだが、一般家庭ではむしろそのほうが使いやすいと思う。
名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2022-06-13 06:53 | オーディオ | Comments(0)