人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

アンセルメとパレー

アンセルメとパレーはほぼ同時期のラテン系の巨匠だ。同じラテン系だけあって、レパートリーも共通している。下の2枚を聴き比べてみた。ともにオッフェンバックの序曲が入っている。片やデッカ、片やマーキュリーだが、聴き比べるとデッカ録音のほうにやや分がある。どちらも今の音ではないが、デッカ録音のほうがクセが少なく一般的だ。ただし、Dレンジだけをとればマーキュリーのほうがやや大きいか。どちらも捨てがたいのが事実だ。

アンセルメもパレーも今から30年前、我が家の90年代初めの装置では大した音は出なかった。しかし、現在ではマスタークロックジェネレーターをつかってDSD512変換をかけているので、同じ90年代初めのCDデータからマスターテープを彷彿させる音が聴けていると思う。

アンセルメとパレー_b0109511_22460594.jpgアンセルメとパレー_b0109511_22460913.jpg


名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2022-05-10 22:47 | クラシック音楽CD | Comments(0)