人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

マーキュリー録音の再生はハードルが高い

マーキュリー録音の再生はハードルが高い_b0109511_18474460.jpg

「マーキュリー録音は最後に聴け、でないと他の録音が霞んでしまうから」というのは、結構知られたキャッチだ。しかし、並みの装置でCDを聴いても全然そうは思わない。高音がつぶれたような変な音に聴こえる。DACのレベルが低く、アンプもスピーカーもイマイチだった昔はこの録音のどこがいいんだろう、と思ったものだ。

マーキュリー録音を聴いてこのつぶれたような高音が気にならず、さすがはマーキュリー録音と思えるなら、その装置はかなりのレベルにあると言えるだろう。当方もそこまでくるのにずいぶんかかった。さきごろ、SICMOSFETアンプの内部配線の引き回しを一部銀線に変えてもらったところ、つぶれたような高音が全く気にならず、味わいに変わってしまった。

ただし、再生するスピーカーはメーカー製2ウェイに限る。マーキュリー録音のつぶれたような高音は分割振動の多いフルレンジで再生しているかぎり限度もあるというのが実感だ。

Commented by 杉ちゃん at 2022-05-10 10:49 x
マーキュリー録音盤は何枚も持ってるが、最近ヘッドフォンで
聴く様になって素晴らしさを感じました。
全数聴きなおしです。
Commented by yoshisugimoto at 2022-05-10 14:50
んでも、昔の録音で、今の音じゃないんですね。クセもあるし。再生装置がホントによくないとダメな録音ですね。
Commented by 杉ちゃん at 2022-05-10 18:02 x
なるほど、確かにクセのある高域ですね、でも、ザビア・クガート
のラテン物はこのクセが妙に高録音に聴こえますわ(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2022-05-07 19:04 | クラシック音楽CD | Comments(3)