人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

FE126NVのバックロードホーンがメインスピーカーに昇格

FE126NVのバックロードホーンがメインスピーカーに昇格_b0109511_07014771.jpg

真空管アンプを使い始めたことで、FE126NVのバックロードホーンがメインスピーカーに昇格した。もっともFE126NV単体で使っているわけではない。FF165WK指定箱のサブ・ウーファー(後方)、FE208SのASWのスーパー・ウーファー(そのまた後方)、DCU-T114S(Parc Audio)を使った4ウェイなのである。これでBATONEも勘定に入れれば5ウェイ。25Hz~非可聴領域のワイドレンジSPにしてトータルでは結構大型のシステムでもある。

FE126NVは名作だと思う。FE108系よりも一回り大きいため低音もしっかり出る。中高音もFE108系並みで結構高品位でもある。しかもバックロードホーンに使える十分強力な磁気回路を有している。これで実売価格8000円は格安、激安といってよい。フォステクス・ユニットの白眉といっていいだろう。ジャズによく、クラシックの弦もイケる。FEシリーズでここまでクラシックが鳴るとは、昔のFEシリーズからは想像できなかった。

結局、半世紀オーディオをやってきてタンノイでもJBLでもなく、FE126NVに落ち着くとは貧乏性の小生らしい。しかし、タンノイやJBLにはない良さもあると自負している。

FE126NVのバックロードホーンがメインスピーカーに昇格_b0109511_11585021.jpg

名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2022-04-07 07:21 | オーディオ | Comments(0)