人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

フルトヴェングラーのレオノーレ序曲第2番

フルトヴェングラーのレオノーレ序曲第2番_b0109511_05171636.jpg

レオノーレ序曲第2番は、ベートーヴェンの唯一の歌劇、『フィデリオ』が初演された際に序曲として用いられた。後に『フィデリオ』が改訂された際、新たに作曲された現行の『フィデリオ』序曲に差し替えられた。その後、この序曲は演奏会用序曲として単独で演奏されるようになったが、『レオノーレ』序曲第3番と比べるとあまり演奏される機会がない。しかし、2番は3番に優るとも劣らない傑作だと思う。

この曲は1954年録音のフルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルの音源が最高だ。フルトヴェングラーは個人的にはそう好んで聴く指揮者ではないが、この演奏は問答無用の凄演。とにかくオケを煽りまくっている演奏で、途中に長い休止がある。これが息詰まる展開を実現している。録音もフルトヴェングラーとしてはベストの一角に挙げられる。この録音はだいたい他の曲の余白のオマケ扱いで、常に頭出しが必要なのが不満だった。

例外的に上のLPはベートーヴェンの序曲だけで構成され、レオノーレ序曲第2番がトップにきているが、こうあるべきだ。PCオーディオではジャケット写真を差し替えて、このLPと同じ曲順で聴けるようにしている。

名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2021-09-28 05:18 | Comments(0)