人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

ワルターの「復活」

ワルターの「復活」_b0109511_18311930.jpg
マーラーの「復活」に関してはワルター盤は古くなったというのが衆目の一致するところだ。マーラーの直弟子なので、権威は抜群なのだが、1957年の録音とぎりぎりステレオに間に合った感じで、まずファースト・チョイスにはならないだろう。たしかにテープ・ヒスは多めで、音量を上げるとやや目立つ。しかし、音場の出方は予想外に良好で、オケの厚みも十分。特筆したいのが、フィナーレに入るオルガンの重低音だ。揺るがせる高レベルで入っている。LP時代の昔からこれは見事だと思って来たが、今も評価は変わらない。いろいろな名演奏・優秀録音を勘案しても、小生にとってはワルター盤が最も印象深い。
Commented by 杉ちゃん at 2021-09-20 10:42 x
CBSソニーになる前のコロンビアレコードは優秀録音が多いですね
やはりRCAビクターと双璧をなすレコード会社のなせる業か?
Commented by yoshisugimoto at 2021-09-21 10:02
CBSソニー時代のLPは薄っぺらかつキンキンで良くなかったですね。CD時代になってマスターには予想外に良好な音が入っていたのがわかりました。
名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2021-09-18 18:42 | クラシック音楽CD | Comments(2)