人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

オーディオマニアと自閉症的傾向

オーディオマニアと自閉症的傾向_b0109511_09041180.jpg
以下のようなネット記事を紹介いただいた。

Aさんは36歳男性。大学の工学部を卒業して、電機メーカーに就職した。真面目な性格で与えられた仕事は期日までにきちんとこなす。人づきあいはあまり得意ではないと自分では思っているが、会社の同僚に誘われれば、飲みにいくことは苦ではない。酔うと雄弁になるが、話が理屈っぽいため、女性社員から敬遠されがちだが、本人は気づいていない様子。学生時代からオーディオマニアで、特定のオーディオ雑誌を20年間欠かさず購読し、1冊も捨てることなく大事に保管している。

本田氏はこのようなタイプの人を「自閉症スペクトラム」の傾向を持つ人だと述べている。「自閉症スペクトラム」の人は、一見すると人なつっこくて積極的に人に関わりを求めるが、その関わり方がワンパターンで一方的。相手の反応に無頓着である場合が多い。顔と顔を付き合わせた人付き合いよりも臨機応変に調整するインターネットなどによるコミュニケーションのほうが得意である場合も多いようだ。一方で、「こだわり」がとても強い。好きな領域に関する機械的記憶に優れて、「◯◯博士」と呼ばれるほどになる場合も多い。成長するとともに、興味のある領域に関するマニアックな知識を身に付け、いわゆる「オタク」などと呼ばれるようになることもある。どうしても一番になりたいとこだわりを持つ者もおり、人との会話を遮り、いつも自分の自慢話が出てしまう特徴を持つ者もいる。

「自閉症スペクトラム」は、特性であって、障害になる人とならない人がいる。

そう言われると知り合いにも思い当たる人がいる。だいたい研究熱心な性格を持つ人は、多かれ少なかれこうした傾向があるのではないか。小生もあるに違いない。発達障害であるASD(自閉症スペクトラム障害)になる割合には4:1から5:1の男女差があると統計的に知られているそうで、女性のオーディオマニアなんぞまずいないというのもうなずける。

名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2021-09-08 08:53 | オーディオ | Comments(0)