人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

ショパン名演集/ホロヴィッツ


ショパン名演集/ホロヴィッツ_b0109511_14403304.jpg
ホロヴィッツの録音は膨大だ。RCA時代の「ショパン」だけでCD7枚分になる。ボックスセットを入手しても手に余るので、ここは1枚ものがありがたい。厳選された音源でLPとして出たもの。

ショパン:
1.スケルツォ第2番変ロ短調 作品31
2.夜想曲ロ長調 作品9-3
3.夜想曲ヘ長調 作品15-1
4.夜想曲嬰ハ短調 作品27-1
5.夜想曲変ホ長調 作品9-2
6.舟歌 嬰ヘ長調 作品60
7.スケルツォ第3番嬰ハ短調 作品39
 ウラディミール・ホロヴィッツ(ピアノ)

 録音時期:1957年2月23日(1-4,6)、1957年5月14日(5)、1957年1月15日(7)
 録音場所:ニューヨーク、カーネギー・ホール(1-6)、ハンター・カレッジ・オーディトリアム(7)
 録音方式:モノラル(セッション)

これは図書館で借りたホロヴィッツ・ショパン・セレクション・モノラル編(3枚組)の3枚目の1部分なのだが、その箇所だけをリッピングで頂戴した。何でもかんでもリッピングすると単にデータを持っているだけに終わってしまう。モノラル期最後の音源なので一番おいしい聴きどころなのは間違いなさそうだ。音質はステレオ時代と遜色ない。本音をいうとショパンは心から楽しむだけの境地には至っていない(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2020-07-19 14:40 | クラシック音楽CD | Comments(0)