人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

KESSEL PLAYS "CARMEN"

KESSEL PLAYS \"CARMEN\"_b0109511_06335545.jpg
1958年録音の定番のオーディオ名盤。遅ればせながら入手。結構人気があるのか、なかなか手ごろな中古盤が見つからなかった。ケッセルの編曲ということで、ノリは「ポール・ウィナーズ」と同じ。しかし、ベースはここではモンドラゴン。後年の巨匠指揮者、プレヴィンもピアノで参加。文句のつけようがない顔ぶれ。この4名の他、曲によってバイブ、サックス,フルート,トランペット,ファゴットなども加わる。

クラシックをジャズでやった音源は、初めは原曲がちらつくので若干違和感がある。が、慣れるとなんてこともない。ウィットに富んだ演奏だわい、と感じ始める。録音は例のデュナンのコンポラ・サウンドで、言うことなし。

①SWINGIN' THE TOREADOR
②A PAD ON THE EDGE OF TOWN
③IF YOU DIG ME
④FREE AS A BIRD
⑤VIVA EL TORO!
⑥FLOWERSVILLE
⑦CARMEN'S COOL
⑧LIKE, THERE'S NO PLACE LIKE
⑨THE GYPSY'S HIP
【Personnel】
バーニー・ケッセル(G)
アンドレ・プレヴィン(P)
ジョー・モンドラゴン(B)
シェリー・マン(Ds) 他


名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2020-07-01 06:34 | ジャズ | Comments(0)