人気ブログランキング |
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

チェリさんのスローテンポ

b0109511_2014481.jpg
b0109511_20143162.jpg
b0109511_20151667.jpg
HMVでチェリビダッケの中古が激安だ。「英雄」「グレート」「悲愴」の3枚を買ったが全部で700円しない。もちろん送料込みである。HMVはコンビニ受け取りにすると送料不要なのだ。中古でも3枚以上買うとさらに割引が適用される。CD道楽はほんとに庶民が楽しめる趣味になった。さてその演奏時間だが、

英雄: 57:52
グレート: 59:26
悲愴: 61:36

ライブなので拍手込みなのだが、それにしても長い。昔、カセットでエアチェックしていたころ、どの曲もC90の片面になんとか入ったものである。チェリビダッケにかかると、通俗名曲が全部大曲になってしまう。細部にこだわった演奏は自然とゆっくりになるということ。小生は細部にこだわった演奏は好みだが、こんなスローテンポは受け付けないという人も当然いると思う。ゆっくりでもへんなタメやアクセントをつけないのがチェリビダッケの特徴。同じスローテンポでも晩年のバーンスタインと比べてあっさりしている。精進料理みたい、と書いてあったのをどこかで読んだことがある。
Commented by 七味とうがらし at 2019-11-08 22:24 x
先日チェリのベト7を聴き、その1曲だけでお腹一杯になってしまいました。
凄いとは思う一方で、やりすぎな感は否めません。個人的にはカラヤンや(特に晩年は)ピリオドアプローチに対するアンチ、の姿勢によるところが大きいと感じています。
Commented by yoshisugimoto at 2019-11-09 13:39
これは好き好きでしょう(笑)個人的にチェリさんとは親和性がありますが、受け付けない人も多いかと。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2019-11-07 20:35 | クラシック音楽CD | Comments(2)