人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

ナクソスの聴き方

LPやCDのジャケットは大別して、

①演奏家の画像
②作曲家の画像
③イメージ写真
④絵画・イラスト
⑤上記の組み合わせ

というところだろうか。いずれにしても音楽の質や再生音の音質に大きく影響する。いかに名曲・名演奏・名録音であっても、悪趣味なジャケットでは、良さが大半減殺される。逆もまた真で、ふつうの音源でもジャケットの趣味が良ければ、別物のように引き立って聴こえる。ジャケットは事実上音源の一部なのだ。

ナクソスのジャケットは絵画のみで、音楽の内容と関連のないものが大半。これでコストを抑えているのだが、その分だけ内容が良くても印象はずいぶん減殺されてしまう。ではどうするか。リッピングしたあと適宜ジャケ画像を好みの画像に差し替えるのがいいと思う。

一例としてクチャル指揮のカリンニコフの交響曲の音源を紹介する。ナクソスではベストセラーの盤だが、ジャケットは白紙ではないという程度。これではいかに内容が良くても厳しい。
ナクソスの聴き方_b0109511_18495040.jpg
ナクソスの聴き方_b0109511_18514342.jpg
そこで指揮者クチャルの画像に差し替えると、何と言っても演奏者の顔が見えるようになるので、急に音楽も引き立って聴こえる。ナクソスのジャケ画像は意味がないので、リスナーのほうで工夫するのがよいと思う。
名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2019-09-24 17:27 | クラシック音楽CD | Comments(0)