人気ブログランキング |
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カラヤンの『オペラ間奏曲集』

b0109511_1539341.jpg
1967年録音。昔からの名盤とされるカラヤンの『オペラ間奏曲集』。カラヤン美学の何たるかはこの一枚に凝縮されていると言っても過言ではない。曲よりもカラヤンを楽しむ音源。名盤だが、曲を楽しみたい人には向かない。選曲も精神性よりはエンターテインメント。ジャズでいうとバラードばかり集めた感じか。毎回では飽きてしまうが、たまに聴くといい。

オペラ間奏曲集(1967年録音)
・歌劇『椿姫』-第3幕への前奏曲(ヴェルディ)
・歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』-間奏曲(マスカーニ)
・歌劇『修道女アンジェリカ』-間奏曲(プッチーニ)
・歌劇『道化師』-間奏曲(レオンカヴァッロ)
・歌劇『ホヴァンシチナ』-第4幕間奏曲(ムソルグスキー)
・歌劇『マノン・レスコー』-第3幕間奏曲(プッチーニ)
・歌劇『ノートル・ダム』-間奏曲(シュミット)
・歌劇『タイス』-瞑想曲(マスネ)
・歌劇『フェドーラ』-第2幕間奏曲(ジョルダーノ)
・歌劇『アドリアーナ・ルクヴルール』-第2幕間奏曲(チレア)
・歌劇『マドンナの宝石』-第3幕間奏曲(ヴォルフ=フェラーリ)
・歌劇『友人フリッツ』-間奏曲(マスカーニ)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
 ステレオ録音
Commented by 杉ちゃん at 2019-09-28 13:07 x
空やん(カラヤン)・・・・良きにしわる気にしカラヤンはクラッシックビジネスに
多大な影響を及ぼした指揮者(プロデュ-サー)であったと思う。
あの「目をつむり、瞑想状態で指揮する」スタイルは美学と言う人と、単に譜面を瞼に
思い出すためだと言う人がいたが・・・真贋は不明。
さて、当CDはオペラ間奏曲のみダイジェストに収録しているが、CD容量一杯まで上手く
詰め込んでる、カラヤンさん曲目を見ただけで何曲収録できるか一発で分かったそうな。
Commented by yoshisugimoto at 2019-09-29 20:04
カラヤンは芸術家と捉えるよりエンターテイナーと理解するほうが的を得ていると思います。クラシックのエンターテイナーとしては飛びぬけていたということですね。男前だし(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2019-09-15 15:50 | クラシック音楽CD | Comments(2)