人気ブログランキング |
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

Wagner for Band

b0109511_6292615.jpg
フェンネルはバーンスタインと同じクーセヴィツキー門下だが、吹奏楽の分野に進んだ。ウィンドオケというのは、弦の代わりがクラリネット、オケの傍流で、編曲ものを演奏、本流ではないが、特有の味わいはある。ちょっとひなびた感じといったらいいだろうか。

収録曲はどれもいいが、「エルザの大聖堂への行列」が特にいい。ワーグナーの管弦楽曲集のなかではめったに見かけない曲目である。白鳥の騎士ローエングリンとの婚礼のために、ブラバント公国の公女エルザが大聖堂(礼拝堂)へ行列になって向かう場面で演奏される。静かで美しい旋律が印象的だ。

この音源はステレオ初期のワーグナーの管楽。録音はかなりよく、トローンボーン・チューバなどの低音楽器の伸びがよく捉えられている。吹奏楽は低音楽器の伸びを楽しむものだと思っているが、実演の音はやっぱりオーディオ装置ではなかなか難しい。

A1Prelude To Act III, And Bridal Procession ("Lohengrin")
A2Entry Of The Gods Into Valhalla ("Das Rheingold")
A3Elsa's Procession To The Cathedral ("Lohengrin")
B1Overture To "Rienzi"
B2Good Friday Spell ("Parsifal")
Commented by 七味とうがらし at 2019-08-30 21:00 x
国内盤CDで持っていますが、思ったほどには音が良くなく、あんまり聴いていません。
編曲はやっぱりというか、ちょっとツライものがあります。
マーキュリーのCDは国内盤でも直輸入盤の方が音が良いです。ライナーにもウィルマ・コザート・ファインがCD化に際して監修した、みたいなことが書かれています。
まあ、書いてあるからどうなのかはわかりませんが、一部比較するとやはり直輸入盤に軍配が上がります。
Commented by 杉ちゃん at 2019-08-30 22:11 x
同じ国内盤でも、輸入盤に帯を付け、簡単な解説書を着けたヤツは音質的には
変わらんかったですね。値段が輸入盤¥2240→国内盤¥2800は、ぼっ
たくり感が有りましたが・・・。更に版元からマスターで送られてきたヤツを
日本でカッテイングしたヤツは音が良くなかったと記憶している。価格も¥3
200円と高かった。
Commented by yoshisugimoto at 2019-08-31 08:26
小生、HMVの中古でキズあり輸入盤を送込み200円ほどで入手しました。初期CDですが、DSD512変換で聴けば結構な音質です。アマゾンでも1円で出てましたが、今は中古CDを安く買ってDACでDSD変換する、これに限るわいと思っております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2019-08-29 06:44 | クラシック音楽CD | Comments(3)