ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

At the Crescendo メル・トーメ

b0109511_21215062.jpg
1956年のライブ・ステージ。男性ボーカルなんかにさして興味はなかったのだが、トークを入れながら歌いつないでいくノリの良さにあっという間に引き込まれる。モノラルなのに臨場感も良く、どう考えても別格のA級名盤。1956年というと小生の生まれる前だが、実に粋だ。ジャケットもゴキゲンで、この通りの音がする。これを聴くと凡百の女性ボーカル盤はかすんでしまうし、ワンパターンのブルーノート3管ものなんか退屈に思えてくる。

なお、1954年の別録音もあるらしく、現在は抱き合わせのコンピ盤が売られているようだ。こちらも、ぜひ聴いてみたい。

At the Crescendo メル・トーメ
1. It's Only a Paper Moon
2. What Is This Thing Called Love?
3. One for My Baby (One for the Road)
4. Love Is Just a Bug
5. A Nightingale Sang in Berkeley Square
6. Autumn Leaves
7. Just One of Those Things
8. The Girl Next Door
9. Lover Come Back to Me
10. Looking at You
11. The Tender Trap
12. I'm Beginning to See the Light

Personnel
Mel Tormé - vocals
Marty Paich - piano, arranger
Larry Bunker - vibraphone
Don Fagerquist - trumpet
Max Bennett - double bass
Mel Lewis - drums
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2018-10-25 21:45 | ジャズ | Comments(0)