ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 バティアシュヴィリ

b0109511_1853840.jpg
図書館で借りた音源。2012年録音。図書館で借りられる最新の音源としてはこのあたりが限度だ。オーディオ雑誌で定評のあった録音らしいが、たしかにそれだけのことはある。ブラームスのヴァイオリン協奏曲だけは手元に20種類以上の音源があるが、この録音がピカイチ。アナログ録音とは次元が違う。ドレスデンのルカ教会での収録だが、音がホールに消えていくのがなんともいい感じ。人によってはオフ過ぎるという意見もあるようだが、小生はオフな音が好きなのだ。ブゾーニのカデンツァを使っており、聴いていてもオヤと思う。

余白に入っているピアノとの曲はスタジオ録音と思われるが、小生の好みでいうとオン過ぎる。

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ほか
バティアシュヴィリ(リサ) (アーティスト, 演奏), ブラームス (作曲), ティーレマン(クリスティアン) (指揮)

1. ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 op.77
2. クララ・シューマン:ピアノとヴァイオリンのための3つのロマンス op.22
3. ブラームス:ハンガリー舞曲第2番ニ短調

 リサ・バティアシヴィリ(ヴァイオリン)
 アリス=紗良・オット(ピアノ:2,3)
 シュターツカペレ・ドレスデン(1)
 クリスティアーン・ティーレマン(指揮:1)

 録音時期:2012年6月(1)、2012年10月(2)
 録音場所:ドレスデン、ルカ教会(1) ミュンヘン(2,3)
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2018-10-20 19:08 | Comments(0)