ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

Now He Sings Now He Sobs チック・コリア

b0109511_21173698.jpg
1968年録音。もう50年も経つ。ロイ・ヘインズ(ds)、ミロスラフ・ヴィトウス(b)の人選も良く、多作のチック・コリアでも今もって最高傑作の1枚だと思う。チック・コリアが若手ピアニストだったのは今は昔。現在はすでに後期高齢者でそろそろ認知症を心配する歳なのだ。今はBlue Noteから出ているが、LP時代はSolid Stateというレーベルから出ていた。ECM録音の角を落としたような音で、明らかにBlue Noteの音ではない。キンキラでなく、くぐもった感じがいい塩梅で、心和むサウンド。

1. ステップス-ホワット・ワズ
2. マトリックス
3. ナウ・ヒー・シングス
4. ナウ・ヒー・ビーツ・ザ・ドラム
5. ザ・ロウ・オブ・フォーリング・アンド・キャッチング

なお、ソリッド・ステイト / Solid State は1966年、UAの傘下のジャズ専門レーベルとしてロサンゼルスに設立され、70年、ブルーノートに吸収されたとのことである。わずか4年ほどで姿を消したことになる。当時のチック・コリアは新人だったから、こうしたマイナー・レーベルから出たのだろう。
b0109511_937482.gif
b0109511_15101391.jpg

[PR]
Commented by 日日薬 at 2018-10-11 11:19 x
個人的には、チックよりロイヘンの消息が気になりますね。ECMのトリオ・ミュージックも、まずまず良かったと思います。
Commented by yoshisugimoto at 2018-10-11 23:56
バッド・パウエルとの録音もあったかと。もう90超えたはりますよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2018-10-09 21:36 | ジャズ | Comments(2)