ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

Once Upon A Summertime ブロッサム・ディアリー

b0109511_7502418.jpg
いろいろな女性ヴォーカルが聴ける現在でも、ブロッサム・ディアリーの個性は他を寄せ付けないというしかない。そのなかでもこのアルバムは最高。色恋ではなく女性の感性が見事に音楽になっている。ピアノも上手いし、サイドはレイ・ブラウン、エド・シグペン、マンデル・ロウと極上の名手をそろえている。ついでにジャケットも最高。

Blossom Dearie:Once Upon A Summertime (Verve,1958)
1. Tea for Two
2. Surrey With the Fringe on Top
3. Moonlight Saving Time
4. It Amazes Me
5. If I Were a Bell
6. We're Together
7. Teach Me Tonight
8. Once upon a Summertime
9. Down With Love
10. Manhattan
11. Doop-Doo-De-Doop (A Doodlin' Song)
12. Love Is Here to Stay
Blossom Dearie(p,vo), Mundell Lowe(g), Ray Brown (b), Ed Thigpen(ds)

ちなみに若いころは相当きれいなおねえさんでした。
b0109511_8493616.jpg

[PR]
Commented by 日日薬 at 2018-10-11 11:14 x
記憶ですが、ワンス…だけが図抜けて良く、あとは聞かないアルバムだったかと。好みの分かれる人ですね。
Commented by yoshisugimoto at 2018-10-11 23:47
そう言われればそうですね(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2018-10-09 08:02 | ジャズ | Comments(2)