ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

金沢蓄音器館


b0109511_8502256.jpg
b0109511_8505021.jpg
白山登山の帰りに、金沢蓄音器館を訪れた。蓄音器の展示にはさほど魅力を感じない。しかし、クレデンザを含む新旧10台の蓄音器の音を聴き比べるデモは他所にはない聴きどころだ。猛暑のなか、人は多いとは言えないが、平日として意外に人も多く、外人観光客もいた。英国人と言っていた。

蓄音器の音は意外に大きい。6畳で使えばうるさいくらい。音も存外に明瞭だ。やはりクレデンザは音がよく、クライスラーの弾く「ユモレスク」をかけてくれたが、ピアノの左手の音もなかなかのものだ。

蓄音器の実演と日ごろオーディオ装置で聴くSPの復刻とどちらがいいか。それはもうもちろんSPの復刻である。 SPの復刻でも蓄音器の音をマイクで拾ったものは良くない。 マイク で拾うかぎり、蓄音器の音は超えられない。SPに入っている音をすべて聴こうとすれば、ピックアップの音を電気的に処理した復刻が断然いい。針音が聴こえない復刻はやや人工的だが、程度による。基本的に 針音が聴こえない復刻のほうが好みだ。スピーカーはFE83Enのような小口径・超軽量振動板がいいと思う。

SPは復刻を小口径フルレンジで聴いていればいい、が結論だが、現物の蓄音器を聴いておくのは絶対有意義だと思う。おススメです。金沢に行かれた折にはぜひ!
[PR]
Commented by 杉ちゃん at 2018-07-30 19:45 x
yoshisugimotoさんも>オーディオ装置で聴くSPの復刻とどちらがいいか。それはもうもちろんSPの復刻である。
同感です。聴力障害を患ってなければ、SPの復刻なんて古臭い音を聴く気になれないと思っておりましたが、認識不足
でした。集音ラッパで拾った音で溝を刻み・・・その溝を針でなぞり拡声ラッパで再生するプロセスの自然なこと。
マイクで拾った音を電気仕掛けで増幅する音とは鮮度が違いますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2018-07-24 08:48 | オーディオ | Comments(1)