人気ブログランキング |
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ローエンド・ベストバイ機でも異次元の仕上がり

b0109511_99428.jpg
b0109511_0141945.jpg
メーカー製スピーカーの音作りを勉強する意味で、今までいくつかベストバイ商品を実際に入手し、手元において鳴らしてきた。SX-V05、BOSE125、BS-243LTD(下)といった商品を使ってみたことがある。いずれも良くはできていたが、感動するほどではなかった。どれもメインスピーカーにするには役不足と感じた。この価格帯のベストバイはまあこんなレベルかな、と思っていたわけだ。

しかし、KEFのQ350は同じローエンド・ベストバイ機でも異次元の仕上がりだ。メインスピーカーとして十分なレベルにある。過去の名器スピーカーの顔色無からしめるところがある。たとえハイエンド機を持ってきても、好みの違いで片付いてしまうと思う。

ステレオで6万しないのに、この音が出たらオーディオなんてちょろいよね、と感じ始めた昨今なのである。オーディオは勝ち負けではなく、個性の世界だ。本人が気に入っていれば何も言うことはない。しかし、フルレンジスピーカーを特注箱に入れたぐらいでは現代テクノロジーを駆使して開発されたこの製品には勝てっこないな、が実感である。
b0109511_910227.jpg
b0109511_9102134.jpg
b0109511_9223742.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2018-06-26 09:12 | オーディオ | Comments(0)