ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

ベートーヴェン: 「大公」&「幽霊」 アリスタ・トリオ

b0109511_1428132.jpg
宇野功芳の推薦盤。鳥羽泰子(ピアノ)、ダニエル・フロシャウアー(ヴァイオリン)、ラファエル・フリーダー(チェロ)によるアリスタ・トリオの2001年録音作品。弦楽器はともにウィーン・フィルのメンバーとのこと。ひとことで言えば、飛び切り雄弁で、生気にあふれた演奏。宇野氏はこういう手八丁口八丁の演奏をもってよしとする。表現力がとびぬけていることがこの人の名盤の条件であるわけだ。ここではピアノの鳥羽さんの表現力が日本人女性と思えないほど図抜けている。

たしかに、この音源に関しては異論はない。しかし、宇野氏の推薦盤はともすればその表現力が鼻につきすぎるきらいがある。例えばツィンマーマンの独奏・指揮を担当したショパンのピアノ協奏曲などがこのケースに該当する。自分で指揮したものは恣意的過ぎてとてもついていけたものではないが、ハマると共感できる箇所は随所にある。

1.ピアノ三重奏曲 第5番 ニ長調 作品70の1「幽霊」 1.Allegro vivace e con brio06:20
2.ピアノ三重奏曲 第5番 ニ長調 作品70の1「幽霊」 2.Largo assai ed espressivo09:41
3.ピアノ三重奏曲 第5番 ニ長調 作品70の1「幽霊」 3.Presto07:28
4.ピアノ三重奏曲 第7番 変ロ長調 作品97「大公」 1.Allegro moderato11:51
5.ピアノ三重奏曲 第7番 変ロ長調 作品97「大公」 2.Scherzo:Allegro05:55
6.ピアノ三重奏曲 第7番 変ロ長調 作品97「大公」 3.Andante cantabile, ma pero con moto11:46
7.ピアノ三重奏曲 第7番 変ロ長調 作品97「大公」 4.Allegro moderato-Presto06:38
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2018-05-26 14:43 | クラシック音楽CD | Comments(0)