ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

FE88-solその後

b0109511_621186.jpg
FE88-sol、および専用バスレフ型エンクロージャのYK88-Sol2を使用して3週間。エージングは完了したようだ。鳴らし始めにあった硬さが全く取れた。

昔オーディオの先達、池田圭氏が、

「タンノイのオートグラフを聴いても、ゴミ箱か下駄箱が鳴っているとしか思えない」

と書いていたことがある。タンノイはボーカル帯域にクロスがあり、かつウーファーが重い。だからこういう発言になる。ウェスタンのWE555はボーカル帯域にクロスがなく振動板は軽い。

私の知る限りでは、FE88-solはフルレンジとしてはどのユニットよりウェスタンのWE555に近い。もちろん能率や音量は比較にならないが、音が軽いのは共通している。振動板はわずか2.2g。これを強力な磁気回路で駆動しているからだ。もちろん馬鹿でかいホーンは不要で、6畳で使うにはフォステクス史上最高のユニットだと思う。
b0109511_6375110.jpg
限定ユニットという割には現時点では簡単に手に入るし、コイズミ無線ではYK88-Sol2の価格を当初より下げて売っている。残念なのは、YK88-Sol2がラウンド・コーナーでないこと。コーナーがここまで尖っていると違和感もある。MDFと突板のコストダウン仕様。天然木のキャビが手に入るなら将来乗り換えてもいいな。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2018-05-08 06:14 | オーディオ | Comments(0)