ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

ベルリオーズ:幻想交響曲 ショルティ

b0109511_9441830.jpg
人は若いころ初めて触れたものに回帰する。中学生の時に初めて聴いた「幻想交響曲」はショルティ盤だった。ながらくご無沙汰だったが、ようやく図書館で再会。グラミー賞を獲った録音だそうだが、やっぱり一番しっくりくる。この曲はいろいろ聴いたが、これがベストワンかもしれない。今ならボックスセットの1枚で、そういう思いも持ちようがないだろう。

LPとは違って、序曲 《宗教裁判官》 というオマケも余白に収録されている。なじみのない曲だが、ベルリオーズらしい、なかなか良い曲。

【曲目】
ベルリオーズ:
1. 幻想交響曲 作品14
2. 序曲 《宗教裁判官》 作品3
【演奏】
シカゴ交響楽団
サー・ゲオルグ・ショルティ(指揮)
【録音】
1972年 シカゴ
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2018-04-01 09:48 | クラシック音楽CD | Comments(0)