ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

Great Connection オスカー・ピーターソン

b0109511_6543596.jpg
71年MPS録音。スーパーカーでぶっ飛ばすようなジャズ。ピーターソンがペデルセンと組んだ極致で、これはだれも真似ができない。もちろんスローなナンバーもあるが、哀愁とは無縁、ひたすら外面的であり、ファンク・ソウル・含蓄・抒情といったものは感じにくい。たまに聴くとストレス解消に好適。

ピーターソンのMPS録音は人気があるためか値崩れせず、激安入手は難しい。廃盤はプレミアがつくことが多いので、適正価格で入手できるなら、確保するようにしている。

Great Connection オスカー・ピーターソン
1. Younger Than Springtime
2. Where Do I Go From Here?
3. Smile
4. Soft Winds
5. Just Squeeze Me On The Trail
6. Wheatland
Commented by てんてこ舞い at 2019-01-26 11:52 x
こんにちは、初めまして。
てんてこ舞いと申します。よろしくお願いいたします。

ピーターソンやペデルセンのことを書いているブログを
見つけると嬉しくなります。

嘗て、
レイ・ブラウンはピーターソンの先走りを抑制していましたが、
その後のこの盤、初共演ペデルセンは、まだまだ控えめです。

次あたりからは、ピーターソンとペデルセンは節度を踏み外し、
弾きまくりになりますが、ゼーンブ含めて楽しいです。

てんてこ舞い
Commented by yoshisugimoto at 2019-01-26 17:00
https://www.amazon.com/dp/B003IKYHIU

初めまして!こちらなんかはペデルセン全開ですね。
Commented by てんてこ舞い at 2019-01-27 12:53 x
お返事、ありがとうございます。

ピーターソンとレイ・ブラウンとペデルセン。
この組合せは夢のようでした。数十年前、毎日聴いていました。

この演奏で感じたことですが、ピーターソンとペデルセンの
完璧なシンクロに乗り切れないレイ・ブラウン・・・。
御大レイ・ブラウンのファンは、礼儀を弁えこのことに触れません。

嘗て、
レイ・ブラウンの "骨ばった指" が奏でる歌心満点の
アドリブにウットリ、特に「We Get Requests」では
ベースの神が降臨したかのような名演を聴かせました。

そして、
ペデルセンは、あの "ポチャ手" が弦を撫でるだけで、
早いフレーズが湧き出てきます。

どっちもどっち、楽しいですね、いいですね。

てんてこ舞い
Commented by yoshisugimoto at 2019-01-27 16:03
小生もよく聴きました。こういうセッションはブラウンが勝負する土俵ではなさそうです。ブラウンが勝負するのは「室内楽的」セッションでしょう。LA4とか・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2018-03-06 07:04 | ジャズ | Comments(4)