人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

マーキュリー/ライムライトのオスカー・ピーターソン

マーキュリー/ライムライトのオスカー・ピーターソン_b0109511_0304056.jpg
オスカー・ピーターソンは、ヴァーヴとMPSの間の64~66年、マーキュリー/ライムライトに入れている。「カナダ組曲」とか、クラーク・テリーとの「プラスワン」が代表盤だが、それ以外の録音も悪くない。このオムニバス盤は、"Live at Tivoli Garden"と"With Respect to Nat"と"Blues Etude"の3枚からの抜粋と思われる。例によってアマゾンの1円CDで入手したが、この3枚をいいとこ取りして、351円は絶対買いである。

マーキュリー/ライムライトのオスカー・ピーターソン_b0109511_539882.jpgマーキュリー/ライムライトのオスカー・ピーターソン_b0109511_5391831.jpgマーキュリー/ライムライトのオスカー・ピーターソン_b0109511_5393056.jpg









ただ、マーキュリー/ライムライトの録音はひと言で言えば、歪っぽい、しわがれたような音で、鳴りが悪い。後年のMPSと比べると、ピアノの音も録音もかなり聴き劣りする。下手な装置ではうまく鳴らない。その意味では装置の優劣を測るバロメーターでもある。この録音がうまく鳴ればいい措置と言えよう。

演奏に関しては他のレーベルと同じで、申し分ない。

オスカー・ピーターソン / ミスティー~ベスト・オブ・オスカー・ピーターソン
トラックリスト
01いそしぎ
02星影のステラ
03ハウ・インセンシティヴ
04キャリオカ
05イッツ・オンリー・ア・ペイパー・ムーン
06ミスティー
07ボサ・ビギン
08メディテイション
09マシュ・ケ・ナダ
10アイ・ノウ・ユー・オー・ソー・ウェル
11レッツ・フォール・イン・ラヴ
12ソウルヴィル・サンバ
13枯葉
Commented by Sugar at 2015-08-31 16:53 x
> マーキュリー/ライムライトの録音はひと言で言えば、歪っぽい、しわがれたような音で、鳴りが悪い

その通りですね。日本フォノ時代のCDも歪んでました。で、聴くのがイヤになるパターンの盤です。
Commented by yoshisugimoto at 2015-08-31 19:37
40年近く前にクラーク・テリーとの「プラスワン」のLP買ったのですが、泣かされました。あのころから鬼門みたいなレーベルです。
Commented by 杉ちゃん at 2015-09-05 10:18 x
マーキュリーレーベルは、録音の良さで有名なのですが、外れの録音もあるんですね。
Commented by yoshisugimoto at 2015-09-05 15:46
ジャズはウィルマ・コザートは関係ないみたいですね。
名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2015-08-21 00:21 | ジャズ | Comments(4)