人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

エーリヒの『ばらの騎士』

エーリヒの『ばらの騎士』_b0109511_12114299.jpg
個人的にオペラはハイライト盤派である。とくにセリフの多いオペラはハイライト盤に限る。『ばらの騎士』もカラヤン(1956)のハイライト盤を入手、他にハイティンク(1991)のハイライト盤も所有する。

クライバー父子はハイライト盤が出ていない。カルロス盤は売れ筋なので、安い中古盤がない。そこでエーリヒ盤。中古で送込み1200円弱だった。個人的に50~60年代のヴィンテージ録音が大好きなので、全然問題ない。極上のモノラルだが、もうちょっとでステレオ録音が間に合わなかったわけだ。

1枚目を聴いただけなので、すべてがわかったわけではないが、父子のスタイルは共通点が多い。息子は速めのテンポで緊迫感を巧みにつくりあげるが、オヤジさんも同様である。

・R.シュトラウス:『ばらの騎士』全曲
 元帥夫人:マリア・ライニング
 オックス男爵:ルートヴィヒ・ヴェーバー
 オクタヴィアン:セーナ・ユリナッチ
 ファーニナル:アルフレート・ペル
 ゾフィー:ヒルデ・ギューデン
 マリアンネ:ユーディト・ヘルヴィヒ
 アンニーナ:ヒルデ・レッスル=マイダン
 ヴァルツァッキ:ペーター・クライン
 歌手:アントン・デルモータ
 警部:ヴァルター・ベリー
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 エーリヒ・クライバー(指揮)

 録音:1954年5月29日-6月28日、ウィーン(モノラル)
名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2015-05-12 12:23 | クラシック音楽CD | Comments(0)