人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

マイルス・デービスの枯葉

マイルス・デービスの枯葉_b0109511_22254989.jpg
中古で1円。このCDには、メンバー、録音年月日などのデータが全く記載されていない。安物買い・ゲテモノ買いというしかない。米国アマゾンのカスタマー・レビューによると、1960年の10月13日、ストックホルムにおけるライブ録音で、メンバーはケリー・チェンバース・コブのリズムセクションに、テナー/アルト・サックスはソニー・スティットとのことである。ま、これも本当かどうかわからないが、全てのトラックが同一セッションなら、ベースのチェンバースは間違いないと思う。後はそう言われればそうかなと思う。

スティットだとすれば、このころマイルスはサックスをスティット・モブレー・コールマン・リバースと入れ替えてショーターに落ち着くに至った過渡期であり、スティットと入れたスタジオ録音はないそうだから、貴重な録音ということになる。

こんなライブ録音を敢えて聴くのはかなりのマニアということになる。録音はあまり良いとは言えないが、こんなものだろう。私はスタジオ録音を薦めるが、演奏はいつもながら高レベルであり、まぎれもないマイルスの録音である。持っていても悪くはない。

This is a typical Miles Davis quintet session from late 1960 with Wynton Kelly on piano, Paul Chambers on bass, Jimmy Cobb on drums, and Miles first choice to succeed Coltrane, Sonny Stitt, playing both tenor and alto saxophones. Miles has been quoted as saying that he grew frustrated with Stitt's playing, which resolved every chorus harmonically, and wasn't very well-suited to the modal ideas which started with Kind of Blue, and later grew to inventive "freebop" in his quintet with Wayne Shorter (the eventual successor to Coltrane's chair after trying out Stitt, Hank Mobley, George Coleman, and Sam Rivers). For whatever reason, this group never made it to a studio for an official Columbia release. Still, this is too enjoyable to dismiss as merely transitional. This band must have played these tunes hundreds of times, but the gladiator spirit and tension between Mile's pushing the envelope vs. Stitt's updated bebop licks fascinates me. I think these tracks have also been issued on the Dragon label, and come from an October 13, 1960 concert in Stockholm.

[1] Walkin' (Carpenter)
[2] Autumn Leaves (Davis)
[3] So What (Monk/Williams/Hanigen)
[4] Round Midnight (Kosma/Prevert)
[5] All Of You (Porter)
名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2015-01-21 22:40 | ジャズ | Comments(0)