人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

Mcintosh MC152/MC301

Mcintosh MC152/MC301_b0109511_18294364.jpg
Mcintosh MC152
メーカー希望小売価格 \500,000(税込) 
定格出力:ステレオ150W + 150W(2 /4 /8 Ω)
再生周波数帯域:20 Hz ~ 20 ,000 Hz
入力感度:バランス 2.4V / アンバランス 1.2V
入力インピーダンス:バランス / アンバランス 22k Ω
消費電力:動作時440W / スタンバイ 0.3W 以下
サイズ:W445×H152×D481 mm(突起物含む)
質量:34 .0 kg
Mcintosh MC152/MC301_b0109511_18295556.jpg
Mcintosh MC301   
メーカー希望小売価格 \1,100,000(税込)
定格出力:モノーラル300 W(2 /4 /8 Ω)
再生周波数帯域:20 Hz ~ 20 ,000 Hz
入力感度:バランス 3.4V / アンバランス 1.7V
入力インピーダンス:バランス/アンバランス 22k Ω
消費電力: 動作時440W / スタンバイ 0.3W 以下
サイズ:W445×H152×D481 mm(突起物含む)
質量:30 .4 kg
マッキンの新製品とのことである。数ヶ月前まではマッキンのMA7000のユーザーだったからそれなりの感慨はある。デザインは相変わらずいい。しかし、MA7000 ↓ はデザイン的にもっと良かったと思う。新製品は小ぶりでのっぺりしている感じがある。やっぱりマッキンは筐体の高さがないと上級機に見えないのだろう。MA7000はかってはプリメインのフラグシップ機だったので、MA7000のExユーザーからしたら、2機種ともどうも格下に感じてしまう。試聴記を読む限り、MC152は従来型、MC301はMA7000的な音を出すようだ。

マッキンは悪くないのだが、もうあんな重いアンプはご免というのが本音である。故障したらたいへんだ。
Mcintosh MC152/MC301_b0109511_18412260.jpg
今の私の駆動系はプリアンプ兼DACとパワーアンプと合計で10kgいかない。人前でオーディオマニアというのもはばかられる。でもそれで十分な音が出せるなら、あるべき姿だと思う。
名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2014-12-27 18:39 | オーディオ | Comments(0)