人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

『パルジファル』の全曲盤(51年バイロイト)

『パルジファル』の全曲盤(51年バイロイト)_b0109511_12412032.jpg
『パルジファル』の全曲盤(51年バイロイト)_b0109511_65032100.jpg
以前出ていたクアドロマニア4枚組(下)。今なら中古で安く手に入る。このシリーズには、クナッパーツブッシュのバイロイト公演のパルシファル(51年)も含まれている。それがコレだ。送料込みで700円ほどで入手できた。

このシリーズの復刻はあまりいいとは言えないが、このCDに関しては過不足ない。ウイルキンソンの録った音はさすがで、モノラルだがそんなことは一切気にならない。歴史的な名盤のみが持つ圧倒的な説得力で迫ってくる。一応テルデックの正規音源(上)と等価と考えてよいだろう。

ワーグナーの楽劇はオペレッタと比べて展開が遅い。またパルシファルはどうということのない単純なストーリーだ。要は純朴な若者が王を救って、呪いが解けるというもので、偽キリスト教的なおどろおどろしい世界の物語である。それがCD4枚で展開される。4枚は荷が重いが、そういうものだと思って聴くしかない。

『パルジファル』の全曲盤(51年バイロイト)
<主要な歌手は以下のとおり>
パルシファル:ヴォルフガング・ヴィントガッセン
グルネマンツ:ルートヴィヒ・ヴェーバー
クンドリー:マルタ・メードル
アンフォルタス:ジョージ・ロンドン
ティトゥレル:アルノルド・ヴァン・ミル
クリングゾール:ヘルマン・ウーデ
第1の聖杯騎士:ヴァルター・フリッツ
第2の聖杯騎士:ヴェルナー・ファウルハーバー
第1の小姓:ハンナ・ルートヴィヒ
第2の小姓:エルフリーデ・ヴィルト
第3の小姓:ギュンター・バルダウフ
第4の小姓:ゲルハルト・シュトルツェ
花の乙女たち:ヒルデガルト・シュンマン
花の乙女たち:エリカ・ツィンマーマン
花の乙女たち:ハンナ・ルートヴィッヒ
花の乙女たち:ポーラ・ブリフカーン
花の乙女たち:マリア・ラコーン
花の乙女たち:エルフリーデ・ヴィルト
アルト独唱:ルート・ジーベルト
―――――――――――
合唱指揮:ヴィルヘルム・ピッツ
名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2014-07-03 07:09 | クラシック音楽CD | Comments(0)