人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

ベルデン7731A

ベルデン7731A_b0109511_2055471.jpg
真空管バッファーを使い始めてほぼ半年、最近はこれを通して聴くことが多いが、通すとやはりほんの少し鮮度が低下する。中高音はいい感じなのだが、低音がほんのわずかに詰まる感じがある。聴きやすいが生々しさがもう少し欲しい。しかし、SPケーブルや電源ケーブルはもういじりたくない。そこで、デジタルケーブルを交換して、全体の鮮度を上げたらどうかと考えた。

現在使っているベルデンの1694Aは最もおとなしい音のケーブルで、音もアナログ的な感じがある。後継の1695Aも使ったことがあるが、当時は1694Aのほうがマッチした。価格面、性能面からして同じベルデンを使いたい。

ヤフオクをみると、ベルデンの極太ケーブル7731Aの新品が送料別4500円とリーゾナブルな価格で出ている。なんとなくピンときたので、思い切って買うことにした。繋いでみたところ予想通りの音となった。橋本電線という業者さんの扱いである。写真はヤフオクのページから転載させていただいた。

7731Aはドラムでは売られているようだが、デジタルケーブルという形でコネクターをハンダ付けして販売しているのは、今のところここだけのようだ。

ベルデン7731Aに関しては、ネットに記事もある。クリアーな音というのは同感だ。
http://yoshiobara.jugem.jp/?eid=54

今のところたいへんいい感じである。今まで聴こえていなかった音も聴こえてきて、はっとすることもあった。DACの性能がほんの少し上がったのと等価だと思う。
名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2014-01-20 21:06 | オーディオ | Comments(0)