人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

エルマンのジュビリー・アルバム

エルマンのジュビリー・アルバム_b0109511_9113622.jpg

エルマンの70歳近い時の録音。弦の音はマイルドで重い。オッサン臭い感じがある。同じ美音でもフランチェスカッティはソプラノを感じさせたが、こちらはメッゾという感じ。晩年はハイフェッツの陰にかくれてしまったが、やむを得ない感じがする。老人力は悪くないが、人気は出ないだろう。

ジュビリー・アルバム
演奏: エルマン(ミッシャ), シーガー(ジョセフ)

1. タイスの瞑想曲(マスネ)
2. セレナード(アレンスキー)
3. トロイメライ(シューマン/ヒュルヴェック編)
4. オリエンタル(キュイ)
5. 「百万長者の道化師」~火花のワルツ(ドリゴ/アウアー編)
6. サラバンド(ズルツァー)
7. チゴイネルワイゼン(サラサーテ)
8. アヴェ・マリア(シューベルト/ウィルヘルミ編)
9. ユモレスク(ドヴォルザーク/ウィルヘルミ編)
10. ガヴォット(ゴセック/エルマン編)
11. 夜想曲第2番変ホ長調op.9-2(ショパン/サラサーテ編)
12. 予言の鳥(シューマン/アウアー編)
13. メヌエット ト長調(ベートーヴェン/ブルメスター編)
14. メロディーop.42-3(チャイコフスキー)
Commented by 杉ちゃん at 2012-03-01 20:29 x
エルマン・・・うんん、懐かしいと言うかお線香臭いですね(笑)
とにかくマイルド&抜けの良くないヴァイオリンは聴く気が起こ
りませぬ・・・
現在ハマっているのが、タスミン嬢(夫人かなぁ?)
シベリウスのヴァイオリンコンチェルトで初めて知ったのだ
けれど、コンサートウイナーで一躍有名になったような薄っ
ぺら音じゃなく、実績と努力のたまものと言ったような音です。
EMI85900:Vnショートピース集
おおっと、話が脱線しました。エルマンですが、このショートピース
は、それなりに聴けると思いましたが、私も年を取ったのかも知れ
ません。

・・・で、一番の出来はシベリウスとブラームスの協奏曲です。何と言うか、気負いすぎでもなく、かといってあっさり流すでもなく、絶妙のバランスで気を抜かず弾き切っているのです。思わずSPの前で拍手しました。(笑)
彼女(と言っても、おばさんですが)は、メニューヒンのクラスでみっちり仕込まれ、高名なコンクールにも出なかった為、知名度は低いですが、技量はコンクール入賞者より確かではないでしょうか、シベリウスを録音していなければ、多分気が付かなかったでしょう。
Commented by yoshisugimoto at 2012-03-01 23:16
Tasmin LITTLEさんですね。
拙宅にはディーリアスのコンチェルト(ARGO)があります。

老エルマンはそれはそれで超ユニークな個性ですが(笑)

名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2012-02-28 09:19 | クラシック音楽CD | Comments(2)