人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオと歴史映画のブログ [杉本良明]


by yoshisugimoto

コンヴィチュニーの第九ライブ



コンヴィチュニーの最晩年の録音となる日本公演のライブだ。ゆったりとした聴きやすい音で録られている。4楽章のみ日本の独唱者とコーラスが入るが、お話にならないようなひどいレベルでもなく、総じて健闘している。とくにバリトンの中山悌一は立派なものである。

コンヴィチュニーはフルトヴェングラーやトスカニーニとずいぶん芸風が違うが、これはこれで立派なものだ。アル中だったそうだが、そんなことも感じさせない。好演奏の好録音と言えよう。

・ベートーヴェン:交響曲第9番『合唱』
 笹田和子(ソプラノ)
 川崎静子(アルト)
 布施隆治(テノール)
 中山悌一(バリトン)
 アサヒコーラス
 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
 フランツ・コンヴィチュニー(指揮)

 録音:1961年5月1日、日比谷公会堂(NHK収録、ステレオ・ライヴ)

オーケストラ再生のオーディオ ←このブログの関連サイトです
名前
URL
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2009-08-18 06:27 | クラシック音楽CD | Comments(0)