ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

5バンド・イコライザー

b0109511_12432020.jpg

マッキントッシュの5バンド・イコライザーは
超低音 30Hz
低音  150Hz
中音  500Hz
中高音1500Hz
超高音10000Hz
に分かれている。

オケ録音を聴くと、たまに中高音がきつすぎるということがある。これは装置のせいではなく、録音やマスタリングのせいである。たとえば60年代のCBS録音にはたまにそういうのがある。

ここでアンプのトーンコントロールをいじると、中高音のレベルが下がって聴きやすくなるのだが、高音もさがってしまい、ハイ落ちの音になる。しかし、5バンド・イコライザーだと、中高音のレベルが下がってもハイ落ちにならない。

また低音のレベルを上げても超低域が振幅過多にならない。ここが5バンド・イコライザーの優れた点であると思う。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2009-02-25 13:56 | クラシック音楽CD | Comments(0)