ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

トランジスター・アンプのエージング

b0109511_12543835.jpg

販売店の方から、

「トランジスター・アンプはエージングに時間がかかりますから」

とは言われていた。MA7000は雑誌などでは絶賛されているモデルであったが、はじめの1ヶ月はいかにもトランジスターアンプらしい硬い音でがっかりだった。使いはじめてからは24時間電源オンで、一度も電源を落としたことがない。そうして何とか音が変わってくれる可能性にかけていたわけだ。

このアンプを下取りに出せば、ユニゾン・リサーチの真空管アンプの「シンフォニア」と等価交換可能である。本当にそうしようか迷ったものである。

しかし、ある日音が変わりはじめた。しかし、変わりはじめはほんのわずかで、5バンドイコライザーをいじって何とかごまかして聴いていた。

そうこうしているいちにいよいよ音が変わりはじめ、トランジスターアンプらしい硬い音がなくなってしまった。以前使っていた真空管アンプと較べても遜色なくなった。今では5バンドイコライザーはフラットでOKである。

「気のせいでしょう。トランジスターアンプはそう音は変わりませんよ」

とある方から言われた。気のせいではない。当方の聴覚はそんなにいい加減なものではない。しかしケーブルを交換したり、カーボン・ダイアトニックを使ったりはしている。相乗効果は出ているものと思う。しかし、アンプの音が変わらないとこういう音にはならない。

アンプはエージングでは変わらないとする記事をよく見かける。変わらないアンプもあるのかもしれない。しかし、見切るのは慎重にしたほうがよい。あわてるとまるで本領を発揮しないうちに手放して、満足するのは次のオーナー、ということも十分起こりうる。少なくとも24時間1ヶ月電源オンで様子を見ることをオススメしたい。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2009-02-24 13:13 | オーディオ | Comments(0)