ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

ワルターの復活ライブ



ワルターはマーラーの交響曲の全曲録音を残しているわけではない。この復活はスタジオ録音の日にち違いのライブである。スタジオ録音と独唱者も異なる。基本的には同傾向の録音だと思う。録音状態も良好である。ライブのほうはCD1枚に入っているのが鑑賞に便利だ。スタジオ録音はフィナーレのオルガンの音はよく聴こえ、感動的であったが、テープヒスが多く、S/Nが悪かったと記憶する。だからモノラル録音でも特に不満はない。スタジオ録音はLPしか持っていないので、ここ30年ほど聴いていないことになるから、厳密に聴き比べたわけではないことをお断りしておく。M&Aというレーベルはよく品切れになるので、手に入るうちに入手しておくのが正解であろう。

・マーラー:交響曲第2番『復活』
 マリア・シュターダー(S)
 モーリン・フォレスター(A)
 ニューヨーク・フィルハーモニック
 ブルーノ・ワルター(指揮)
 1957年2月17日、カーネギーホール(ライヴ、モノラル)

オーケストラ再生のオーディオ ←このブログの関連サイトです
[PR]
by yoshisugimoto | 2008-12-02 06:03 | Comments(0)