ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

チェクナヴォリアンのガイーヌ全曲



ここのところハチャトゥリアンばかり聴いているが、昨日届いたのがコレだ。10年以上前の流通在庫で、いまだに残っているのが不思議なのだが、最新輸入盤より音がいいとのことで、迷わずこちらを買った次第。

ここにきて「真打ち登場」という印象がある。1977年のアナログ録音で、演奏も録音も一級だ。ハチャトゥリアンの自作自演録音も一蹴する。演奏は徹底してローカル・カラーにこだわった演奏だ。カラヤンやセル、オーマンディといった通俗名曲を数多く録音した指揮者は、音楽のローカル・カラーが薄まり、インターナショナルな感じになっている。それと比べてこの演奏は田舎臭さ満点、それを楽しむ録音なのだ。

チェクナヴォリアンという指揮者は初めてだが、相当な爆演指揮者であるようだ。当時は新鋭だったが、今はベテラン、ガイーヌは抜粋をアルメニア・フィルで再録している。新盤でなくてもこのCDで十分という気がする。

オーケストラ再生のオーディオ ←このブログの関連サイトです
[PR]
by yoshisugimoto | 2008-02-26 07:00 | クラシック音楽CD | Comments(0)