ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

ショスタコーヴィッチの7交



ショスタコーヴィッチの7交レニングラードは1楽章がアリナミンVのCMソングになったことがある。シュワルツェネッガーがチチンブイブイといっていたアレである。今日はアマオケで実演を聴いてきた。大編成・大音量・長時間の大作である。

私が日頃聴くCDはこの一枚に尽きる。ドリアンは素直でマイルドな音が特長だが、はっきり言ってこのCDに録音された音の味わいは生を越える。採れ立ての魚を刺身にしたのではなく、暫く寝かせた魚を刺身にしたような音なのだ。とは言え、トゥッティでも混濁しないし、グランカッサも十分入っている。ドリアンの音は他のレーベルにない良さがあり、消滅してしまったのは残念だ。

Shostakovich: Symphony No7, Op60
~ Eduardo Mata (指揮), Dmitry Shostakovich (作曲), Dallas Symphony Orchestra (オーケストラ)

オーケストラ再生のオーディオ ←このブログの関連サイトです
[PR]
by yoshisugimoto | 2008-02-17 23:12 | クラシック音楽CD | Comments(0)