ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

昭和のコケテッシュ歌謡



私はオケが好きで、オーディオで鳴らすのは大半オケものだが、ジャズを聴くこともある。そこからジャズ・ヴォーカルをかじって、ついには歌謡曲、はては演歌にまで行き着いてしまった。

と言って最近の歌謡曲には興味はない。私にとって歌謡曲とは昭和のノスタルジーが絶対必要なのだ。昭和の歌謡曲は侮れない。美空ひばりとか、ザ・ピーナッツとか、ちあきなおみとか、こういうのは不世出である。最後は日本語の歌詞が圧倒的な説得力を持つのである。

そのなかでいまだに聴いてくらくらするのがこの人だ。昭和コケティッシュ歌謡の大本命なのだそうだ。若い頃はこういう猫的な女性がタイプだった。しかし、仮に振り向いてもらえたとしても、付き合ってやっていく自信は全くない。

歌いかたはモロ媚を売る悩殺路線であるが、それもひとつのアプローチであると思う。総合芸術のひとつとして今となっては高く評価したい。それに漂ってくる昭和の香りがたまらない。歌詞も過激で、昭和はすごい時代だった、と感慨を新たにすること必定である。

あなたとチヨと...

曲目
1 恋の奴隷
2 ありがとうあなた
3 夜よそのままで
4 スワンの涙
5 雨の大阪
6 年上の女
7 愛のさざなみ
8 眠くなるまで
9 誰もいない
10 いいのよいいの
11 風
12 燃える瞳

オーケストラ再生のオーディオ ←このブログの関連サイトです
[PR]
by yoshisugimoto | 2008-01-29 07:03 | その他 | Comments(0)