ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

メフィスト・ワルツ



レイボヴィッツにジャーマン・アルバムというCDがある。ウィルキンソンとゲルハルトのコンビが制作したリーダーズ・ダイジェストのLPで出ていた録音である。その最終トラックの曲だが、聴いたことはある。しかし、とてもドイツを連想させない。ラテンか東欧か?はて作曲家は誰だろうと思ったらリストだった。メフィスト・ワルツという曲である。

リストは管弦楽作曲家としてはごく隅に追いやられている。演奏会でよくやるのは「前奏曲」くらいか。これとてあまり大した作品とは思えない。

で、メフィスト・ワルツだが2番の「村の居酒屋の踊り」のほうである。確かに不気味な感じの音楽だ。これはオケ版がオリジナルでピアノ版が編曲なのだそうだ。また「村の居酒屋の踊り」はオケ版は2番だが、ピアノ版は1番とややこしい。そうしたいわくつきの曲なのだ。

The German Album [from US] [Import]
~ Rene Leibowitz (指揮), Franz Liszt (作曲), Robert Schumann (作曲), Richard Wagner (作曲), International String Congress Orchestra (オーケストラ)

1. Overture To Tannhauser
2. Symphony No. 3 In E-Flat, Op. 97 'Rhenish': Lebhaft
3. Symphony No. 3 In E-Flat, Op. 97 'Rhenish': Scherzo: Sehr Massig
4. Symphony No. 3 In E-Flat, Op. 97 'Rhenish': Nicht Schnell
5. Symphony No. 3 In E-Flat, Op. 97 'Rhenish': Feierlich
6. Symphony No. 3 In E-Flat, Op. 97 'Rhenish': Lebhaft
7. Overture To Manfred, Op. 115
8. Mephisto Waltz (The Dance At The Village Inn)

オーケストラ再生のオーディオ ←このブログの関連サイトです
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2008-01-23 07:23 | クラシック音楽CD | Comments(0)