ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

セラフィンのイタリア・オペラ序曲集

  

セラフィンのイタリア・オペラ序曲集である。セラフィンはカラスを世に出した人である。カラスとの録音が多い。コンサート指揮者ではなくオペラ専門の指揮者と言っていいだろう。例外的であるが、こうしたオペラ序曲集も残している。

以前は右のセラフィム盤を持っていたのだが、マスタリングが悪いのか、音が貧弱だし、ジャケ・デザインもいかにもオムニバス盤という感じで、全然聴く気が起きなかった。今回、メディチ・マスターズというシリーズが出たので、思い切って買いなおした。音も相当良くなっているし、ジャケ・デザインもよく、ようやく聴く気が起こった次第である。

マスタリングやジャケデザインも音楽を聴く上で大きなファクターである。

ちなみに内容もステレオ初期のヴィンテージ録音である。

セラフィンのイタリア・オペラ名序曲集

・ヴェルディ:『シチリア島の夕べの祈り』序曲
・ヴェルディ:『椿姫』第1幕への前奏曲
・ヴェルディ:『椿姫』第3幕への前奏曲
・ヴェルディ:『運命の力』序曲
 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
 トゥリオ・セラフィン(指揮)
 録音:1959年2月19日 ロンドン、キングズウェイ・ホール(ステレオ)

・ヴェルディ:『ナブッコ』序曲
・ヴェルディ:『アイーダ』第1幕への前奏曲
・ベッリーニ:『ノルマ』序曲
 フィルハーモニア管弦楽団
 トゥリオ・セラフィン(指揮)
 録音:1959、1961年 ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ(ステレオ)

・ベッリーニ:『ノルマ』第2幕への前奏曲
 ミラノ・スカラ座管弦楽団
 トゥリオ・セラフィン(指揮)
 録音:1960年9月5-12日 ミラノ、スカラ座(ステレオ)

・ロッシーニ:『チェネレントラ(シンデレラ)』序曲
・ドニゼッティ:『シャモニーのリンダ』序曲
・ドニゼッティ:『ドン・パスクァーレ』序曲
 フィルハーモニア管弦楽団
 トゥリオ・セラフィン(指揮)
 録音:1961年 ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ(ステレオ)

オーケストラ再生のオーディオ ←このブログの関連サイトです
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2007-11-16 07:31 | Comments(0)