ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

上岡さんのブル7



史上最長演奏時間(91分)のブルックナー7番の演奏が売り口上の録音である。期待して買ったが、ものすごく感動したかと言うと、それほどでもない。しかし、試みは面白いし、楽しめる演奏である。とにかく前に進んで行かない演奏。この曲は朝比奈さん、シューリヒト、マタチッチ、ヨッフム等々と名盤が多いから、こういうことをやってくれないと特徴が出せないだろう。あ~、やっと終わったと思ったら、拍手が来ない。はて、ライブ盤だったはずだが、と思った時点で拍手が始まる。今の聴衆はお行儀がいい。案外遅さに呆気に取られていたのかも。

・ブルックナー:交響曲第7番ホ長調(ハース版)[90:33]
 第1楽章 アレグロ・モデラート [28:36]
 第2楽章 アダージョ [33:27]
 第3楽章 スケルツォ [12:02]
 第4楽章 フィナーレ [16:28]
 ヴッパータール交響楽団
 上岡敏之(指揮)

 録音時期:2007年9月8、9日(デジタル)
 録音場所:ヴッパータール、ヒストーリッシェ・シュタットハレ(ライヴ)

オーケストラ再生のオーディオ ←このブログの関連サイトです
[PR]
by yoshisugimoto | 2007-10-27 18:07 | クラシック音楽CD | Comments(0)